フラット35Sの適用条件とは?

フラット35Sを利用するためには、購入する住宅が基準を満たしているという条件があります。
これは、新築住宅と中古住宅共通の基準もありますが、中古住宅の場合には中古住宅特有の基準を選ぶことも可能です。
フラット35Sの金利Aプランと金利Bプラン、2つのプランによって条件も異なります。
たとえば金利Aプランでの新築住宅・中古住宅共通の基準というのは、省エネルギー性、耐久性・可変性、省エネルギー性+耐震性、省エネルギー性+バリアフリー性、そして中古住宅特有の基準というのは省エネルギー性+耐震性、省エネルギー性+バリアフリー性のいずれかの基準を満たしていることが条件となります。
金利Bプランの場合には、Aプランよりも条件が緩くなります。
フラット35比較ランキング